本場台湾の名店「京鼎小館」と「京鼎樓」の流れを伝える。小籠包の専門店 「小籠包カフェダイニング 恵比寿 京鼎樓」

店舗一覧

活躍する先輩社員からのメッセージ

MESSAGE from STAFF

アクアシティお台場店 料理長 木原義宣  2012年入社

今のお仕事を始めようと思ったきっかけはなんですか?
学生時代にしていたアルバイトが全て飲食関係だったのもきっかけの一つでしたが
子供の頃『衣食住』という言葉を習った時に祖父が大工、父がアパレルという流れだったので
自分は飲食かなと漠然と思っていました。
色々な事が重なって繋がり、今では京鼎樓にお世話になっています。
今は具体的にどんなお仕事をされていますか?
メニューの考案及び実施や原価計算、品質並び原価上の最適な仕入れの選択、直属な部下の指導と教育、売り上げ向上の提案、
厨房内、店舗内の機材、設備、備品の管理など色々とありますが、お料理を作る事が大好き
なので常に現場に立っています。
このお仕事のやりがいや魅力は何だと思いますか?
お料理を作って、ご提供するまで、(「いらっしゃいませ」から「ありがとうございました」まで)
全てにおいてリアルタイムにお客様と携わる事が出来る。

こちらの店舗の魅力はどんなところでしょうか?
お台場店は、オープンキッチンということもあり、
ホール、調理場の一体感があり、よりお客様に近いサービスが出来ます。
「このお仕事をしていて良かったな」と思えるエピソードはありますか?
以前家族と一緒にご来店された小さな女の子が食事の後に、何かお絵かきをしているのかなと思ったら
お会計時に、「はい、これを読んで下さい」とお手紙をもらいました
その内容は、「このお店がすごく大好きになりました。
今日は美味しい料理をありがとう。今度も絶対、パパ、ママにまた連れて来てもらいます。頑張ってください。」
という内容のお手紙でした。とても嬉しくて今でも大事にそのお手紙を取ってあります。
反対に、このお仕事の大変なところを教えていただけますか?
どんな仕事にも共通すると思いますが、日々同じことを繰り返してやらなければなりません。
常に気持ちを持って取り組まないと、ただの作業になってしまいます。
そうならないように自分のモチベーションを保たなければなりません。
お仕事をする上で大切にされていることはありますか?
1日に何食も作る同じ料理でも、ご来店して頂いたお客様は、
そのとき、その味、その料理を頼まれているということを
忘れず常に最高のクオリティで提供することを大切に思っています。
他にも気を付けている点はありますか?
スタッフが楽しくなければ、よいお店が出来ないと思っています。
スタッフの体調や何気ない仕草、言動にも気を配るようにしています。
このお仕事でつまずきやすいポイント、最初のハードルはどこですか?
自分の得意なこと、不得意なことがあるとおもいます。ダメでも焦らず、
ゆっくりでも構わないので決して逃げるのではなく、
ハードルは飛ばなくても横からまわってでも超えて行けばいいと思います。
何年、何十年やっていても、日々それの繰り返してだと思います。
失敗や成功だけじゃなく、色々な経験の中に、無駄な事は何もないと思います。
1人で越えられない時は、周りのスタッフを頼って下さい。
楽しみながらお仕事をするためのポイントは、どこにあると思いますか?
自分が与えられた業務だったり課題を少しずつでも必ずやり遂げること。
達成した時の気持ちは、次の頑張りに繋がります。
その積み重ねが、喜びだったたり楽しみながら仕事する事に繋がる思います。
雑用一つにしてもただ指示を待つのではなく、自分から進んでやること、またはチャレンジすること、
言われてやるよりも自分から進んでやる方が楽しいですよ。
お客様に言われて嬉しかった言葉はありますか。
お客様に直接、ごちそうさまや美味しかったよ、また来るねと言ってもらえること。
「こんなお店にしていきたい」など今後の目標を教えてください。
お台場にも、京鼎樓があるんだと、もっといろいろな人に知ってもらいたい。
お客様やスタッフが笑顔が絶えないお店にして行きたいと思っています。
これからこのお仕事に就きたい人へアドバイスをお願いします。
みんな自分の夢や目標を持って始めることだと思います。
きっと皆さんは、料理を作る事、食べる事が大好きだと思います。
その気持ちを忘れなければ、壁にぶつかることがあっても、乗り越得られると思います。

採用トップページへ戻る

▲サイト上部へ

EAST
SHOP

WEST
SHOP

EAST SHOP LIST

EAST SHOP LIST

WEST SHOP LIST

WEST SHOP LIST